03/06 2015

技適を自前で取得したい

giteki1

photo by superstrikertwo

( 詳者ではないのでツッコミ歓迎です。)

技適とはなんぞや

ハードウェアスタートアップをはじめよう。”ネットワークに繋がるハードウェアを作って売ろう” はい。製造自体や、販売自体に申請や審査が必要になる場合があります。そんなことを毎週書いていこうと思います。その代表例が、技術基準適合証明、通称、技適というやつで、生産販売するにあたり、「製品が電波法令の技術基準に適合していることを証明」してもらわないといけません。

ちなみに適当に作って売ったり、仕入れて売ったりすると(主にネットで)いろんな人に怒られます。実際に違反摘発されたケースは、例のwifi機器くらいしかありませんが、厄介なのは使用者が摘発対象になる事です。お客さんが、知らずに使って・・・が有り得るので、作る側はしっかりやらないと、お客さんを犯罪者にしてしまうのが、非常に嫌なところでございます。

 

取得方法

最近話題になってる、cerevoさんの記事は超まとまっていて超タメになるので絶対に読んだ方が良いです。こういう記事を目にした事が初めてです。とはいえ、実際、本当にわからない人は申請書類を作る所から既にしんどいと思うので、そこを埋められたらと思っています。

 

cerevo tech blog

自前で技適を取得し、中華の安価なBLEモジュールを使って製品を作る方法 | Cerevo TechBlog

 

 

申請書類作れない人は?

一番最初に何したら良いか、とにかく人に頼るです。
そもそも、不要の可能性もあります。

 

(1)  総務省(というか) 地域の総合通信局へ電話しまくる。

電話すると、結構丁寧に教えてくれます。何度かけても大丈夫です。
混んでる場合は、違う地域の通信局へ電話しても大丈夫です。

 

総務省|関東総合通信局

問い合わせる場合は、

– 何をつくってるか

– 発生する通信について

くらいは準備しておいた方が良いと思います。聞かれるからです。
 

製品やサービス、発生する通信の概要を伝えると、そもそもチップ単位では技適を通ってるのか?、改変はあるか? 、サプライヤーが海外の場合、MRA等の相互認証の仕組みを使い、香港等で通したらどうか?など  アドバイスがもらえます。(た)(←このアドバイス内容は適当です)

「ものづくり補助金」の際もいろんな省庁に問い合わせましたが、とても親切に分かりやすく教えてくれるし、わかるまで聞いて大丈夫なので、ガンガン聞いて良い(ものだと思って、めっちゃ聞きました)決していわゆる「お役所しごと」ではなかったです。
これを繰り返していけば、ある程度までは進む気がします。
 
 

(2) 取得代行サービスに頼む

といっても、実際は難しいじゃん。というのがリアルで、お金を払って頼むのもありだと思います。

技適認証取得代行(申請代行)サービスを提供している会社は無数になり、モノや数によるものの、数十万円〜 依頼できます。お金はあるけど、友達もいなくて時間もない場合は、こういった所へ相談すると楽に進められると思いますので、相見積もりを取りながら進めると良いように思います。
 
 

まとめ

ネットを見てると、「技適厨うぜー」とか、「大規模製造業を想定して制度設計されてるのが問題」とか、いろんな文句があって、たしかになと思うし、それに対する詳しい人からの当たりは超厳しいです。

事業やる人にも、買う人にも大きなリスクですので、しかるべきタイミングでしっかりやらんといけないと思います。
 
その “しかるべきタイミング”が難しいんですけどね。
 
みんなどうしてるんですか?